詞:小幡英之/曲:宮崎歩/編曲:宗像仁志
歌:島谷ひとみ



黄金(きん)のシンバル鳴らすように
囁くのはお日様
「一緒においで 木々の宴に」
耳を澄ましましょう

シャボンの雲で顔を洗い
そよそよ風と散歩
「大丈夫きっと…」羽根になるココロ
ヒカリへと 放してごらん

虹を結んで空のリボン
君の笑顔へ贈り物よ
願いをかけましょう夢日和
明日また しあわせで あるように

雲の綿菓子つまんでは
ひと休みの草原
「風はどこへ 帰ってゆくの?」
鳥に 尋ねましょう

夕日のレース肩にかけて
伸びてく影と駆けっこ
「見守ってるずっと…」光る宵月の
優しさに 抱かれてごらん

星を列(なら)べて空のボタン
夜のカーテンを留めてあげる
明日も逢えるよ夢日和
その笑顔 忘れずに いるなら

「大丈夫きっと…」羽根になるココロ
ヒカリへと 放してごらん

虹を結んで空のリボン
君の笑顔へ贈り物よ
願いをかけましょう夢日和
明日また しあわせで あるように…

明日また しあわせで あるように…

kisumimakino 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()